忍者ブログ

ケア 牵挂

あれこれしてもらっている



たまには目に見えるはっきりしたカタチで親孝行を、と、思うのだが、
まだまだ二人とも、パワーが強くて、私の出る幕はなし。
水は、高い方から低い方に流れる。
まさに、まだ、私のほうが低い。

今、私がしていることと言えば、有事に備えてのスタンバイ、といったところ?
なにかあったら、駆けつけます。(あるいは、誰か代理人を駆けつけさせます。)
それと、あと、元気な顔を見せること。

子供たちにも
こんなことではダメだと思うなら、もっともっと力になってあげたらいいのに、
子供たちは、自立していて、私の出る幕はない。


親には甘え、子供にも甘え、結局、手抜きの自分を正当化し、自分を甘やかしている。

「ありがとう」、「感謝しています」、「いつもすみません」、「ごめんね」

この言葉を、おまじないか、呪文のように、じゃんじゃん使って
さぼっている自分は、とても嫌な人間、
そんな風に自分を見ること自体、なんてヒネクレ者なのだろう。

このようなひねくれた書き方をすると、カンに障る方も多いかと思うが、
実際、私は、やぶにらみ人間。
おそらく、あちこちで不評、不人気、非難されていると思うけれど、
あまり人とお付き合いしないから、人の声が耳に入らないので、
厚かましさ、ふてぶてしさに、拍車がかかり、自分の評価の低さに気付かない。

裸の王様だ。


ただし、この呪文、自分の手抜きをリセットするために、悪魔払いのお札のように使っているわけではない。
自然に心から、口に出る言葉なのだが。
でも、ひょっとして、深層心理として、自覚症状なしで、自分を正当化しているのかも知れない???
だが、深層心理は、無意識下のことなので、カウンセラーか、精神科医などの専門家の門戸を叩き、
分析してもらわないと、きっちりハッキリしたことは言えない。



「ありがとう」。
この言葉が出なくて、苦労しているという話題が、よその行きつけのブログで盛り上っていた。

私は、ほいほい、いつでも口癖のように口に出てしまうので、
「ありがとう」を安物にしてしまっている俗悪人だ。
義母も家族も、しょっちゅう、大安売りのバーゲンセールのように「ありがとう」の言葉が口から出る。
環境? 相互影響? 
うちは、ありがとう?インフレ。
その言葉を自然体で使う。
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R