忍者ブログ

ケア 牵挂

ガンが転移し

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

ガンが転移し


でも、中味がないのが、さびしいところ・・・。わたしは、相当、根性がヒネ曲がっている。
自覚、大いにあり。
自覚があるなら直せばいいものを、開き直って色斑いるところが、ますますよくない。

と、前置きをして、自己弁護、自己防衛を。(に、なってない?!)


知り合いの、とある人の配偶者のお父さん(=義父・別居)が亡くなった。
80歳を越える高齢のうえ、ガンを発症し、
余命半年と言われてから、あっという間に余命1週間に。
入院することなく、往診の先生に診眼內注射てもらいながら、最後は自宅で息を引き取った。

高齢ということもあり、手術はせず、延命治療も断ったそうだ。
幸か不幸か、子供たちの父親への介護は、とても短い間で終わった。

最愛の家族に囲まれ、看取られ、惜しまれ、
最後まで痛みを我慢した、忍耐力のある、天寿を全うした、お義父さん。
ご冥福をお祈りします。(まった認知能力く、お会いしたことはありませんが)


人の生死という、厳粛で神聖なテーマ、話だというのに、
ここで、わたしの、根性の悪さがひゅるひゅるとアタマをもたげ、展開される。
まったく知らないひと、ということもあって、だが・・・


いかに、そのお義父さんは、素晴らしかったか、延々とわたしは聞かされた。

延命治療を自ら断る人など、いないのに、勇気ある決断だ。
人に慕われて、たくさんの弔問客が次々に葬儀に訪れ、お葬式が時間内に終われなかった。
お義父さんは、アタマのいい人で、どの人もそのアタマの良さを誉め称えた。
各人、お義父さんの額に手を当て、知力を自分たちにインストールしたとか。
孫たちも泣いて泣いて、どうしようもないほど、お義父さんは慕われていた。

どれも、すばらしい話だ。
立派に人生を全うされて、実り多い時間を過ごされた(と想像する)。

そういう、良い話なのに、なぜか、聞けば聞くほど、カチンカチンと引っかかる。

あまり知らない人に、身内の自慢をするのは、
聞く人にとっては、わたしのように性根の曲がったものもいるので、要注意・・・・


それだけ声を大にして自慢できる、素晴らしい、知力のある立派な方であっても、
客観的に社会的に見て、その知力は、ご身内にしかわからない性質のもののようだし、
その賢いインテリ遺伝子は、
誰もが認めるはっきりしたカタチで、ご子孫にはあまり伝承されてないように思える。

葬儀が終われないほどの弔問客って、葬儀屋さんが時間配分をミスしているのか、
余裕を見た焼香台の数を用意していなかったのでは。
ある、大きなグループのお偉いさんの葬儀に参列した時、会場に入れないほどの人だったが、葬儀時間内にちゃんと、終わった。

どこかの宗教団体のご教祖様か、大企業の会長、社長様か、
政治団体の権力者か(これは、いまは、微妙ですが)
エルビス・プレスリーか、マリリン・モンローか、はたまた、石原裕次郎か、尾崎豊か、
X-JAPANのhideさんか。

その割には、お義父上は、生前、町内会活動以外に、なにをされておられた方なのか、
具体的な偉業や、経歴など、さっぱり伝わってこない。
ひょっとして、伊達直人ばりに、隠された功績があって、
無名の人々から、ものすごく信頼を集めておられた方なのかも知れないが。
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R